日本の四季

<シラスウナギ>密漁容疑で県臨時職員らを逮捕 高知(毎日新聞)

 シラスウナギを密漁したとして、県漁業管理課は12日、高知市長浜、無職、森岡真一(63)と同、県臨時職員、前田亮(31)の両容疑者を県内水面漁業調整規則違反容疑で逮捕した。同課は常習的に密漁をしていたとみて、余罪を追及する。

 逮捕容疑は、両容疑者は共謀して昨年12月17日未明、高知市春野町の甲殿川で、知事の許可を受けずに網を設置し、シラスウナギ125グラムを捕ったとされる。同課によると、森岡容疑者は捕獲したことは認めているが、共謀に関しては否認。前田容疑者は「何を手伝うかは聞いていなかった」と否認している。

 県人事課などによると、前田容疑者は昨年10月から県高知土木事務所に勤め、道路管理課で道路のパトロールや補修作業に従事。森岡容疑者の前妻のおいに当たるという。恩田馨・県総務部長は「誠に申し訳ない。今後は事実関係を確認した上で対処したい」との談話を発表した。

 シラスウナギは希少な養鰻用の稚魚。特別採捕許可を得て、12月1日〜3月5日に限り捕ることができるが、今シーズンは不漁が続き、期間終盤の1キロ当たりの取引価格は、前年の約10万円から約65万円に跳ね上がっていたという。【服部陽】

山内議員元秘書を再逮捕 新たに4千万円詐取容疑(産経新聞)
<生体肝移植>切り取る肝臓を小さくできる手術法を開発(毎日新聞)
子ども、内向き傾向に=「世界で活躍」2割以下−周囲との関係を重視・ベネッセ調査(時事通信)
シー・シェパード 捕鯨船を実況見分 容疑者立ち会い(毎日新聞)
81歳運転の車、暴走? 知人の3人はねられ死傷(産経新聞)
[PR]
by omudxrspqf | 2010-03-18 14:30
<< インフル、流行指標下回る―患者... 救えなかった命…無念抱え 長崎... >>