日本の四季

高橋伴明監督、立松氏死去に「いつもニコニコと笑顔で菩薩のような人」(産経新聞)

 連合赤軍をテーマにした立松和平氏の小説『光の雨』を映画化した高橋伴明監督の話「突然の悲報に非常にショック。早大の先輩後輩として長い付き合いだが、人の悪口を言うのを聞いたことがないし、自分が批判されても決して相手を責めない人。いつもニコニコと笑顔で菩薩のような人。最近は温泉と俳句を楽しむ中で、会うと仏教の話を2人でよくしていた。『100の山を登るんだ』と張り切っていたから、無理するなよと話したのですが、とにかく残念でなりません」

【関連記事】
作家、立松和平氏が死去 「遠雷」「毒−風聞・田中正造」など
「遠雷」の根岸吉太郎氏、モントリオール映画祭で監督賞
サリンジャー氏死去 「ライ麦畑でつかまえて」
【追悼】多彩な才能 一気に爆発 栗本薫さん
泉谷、清志郎さんの魂が「目の前ウロウロ」

普天間移設「覚悟読み取って」 参院決算委で首相(産経新聞)
「外部保存通知」の改正を通知―厚労省(医療介護CBニュース)
法科大学院入試で合格者ゼロ=全国初「入学者なし」か−姫路独協大(時事通信)
コンビニで住民票、渋谷・三鷹・市川で(読売新聞)
小沢氏不起訴 “次の舞台”は検察審査会(産経新聞)
[PR]
by omudxrspqf | 2010-02-10 05:21
<< 石川議員は自発的辞職を=社民国... ブログに誘導、巧みに金無心…木... >>