日本の四季

自民、西松献金でも小沢氏追及へ 「敵失では…」の声も(産経新聞)

 自民党は14日、党本部で開催した勉強会で、民主党の石川知裕衆院議員の元秘書だった金沢敬氏から、西松建設の巨額献金事件をめぐり石川氏らが小沢一郎民主党幹事長の指示で証拠隠滅を図ったと「暴露」したのを受けて、勢いづいた。小沢氏本人からも事情を聴くべきだとして、18日召集の通常国会で追及姿勢を強める。鳩山由紀夫首相の偽装献金問題も合わせて、民主党の「政治とカネ」の問題を国会の最大の焦点にしていきたい考えだ。

 谷垣禎一総裁は14日の記者会見で、勉強会を「大変盛況だった」と振り返った。その上で「小沢氏本人が説明責任を果たすことが肝要だ。証人喚問や参考人招致などあらゆる手段を駆使し、真相解明したい」と述べた。金沢氏の国会招致も実現させたい考えを示した。平成22年度予算案の審議も「説明責任を果たし、疑惑を解明することが前提だ」と強調した。

 ただ、自民党内には小沢問題ばかりへ力を注ぐことに疑問を示す声もある。ある参院中堅は同日、「支持者からは『敵失だけで自民党の支持率が上がるわけではない』と言われた」とぼやいた。

【関連:陸山会など強制捜査】
石川議員元秘書、資料を隠してなければ「小沢先生含め全員逮捕だ」
不可解10億円分…「小沢氏名義」で億ション買いあさる
小沢氏「国民、理解してくれていると」13日夜のあいさつ全文
捜査不発なら…小沢氏支配さらに強まる? 息潜める政府・与党
「いまの民主党は大政翼賛会みたい」と渡部氏 捜査には言及せず

カラオケ代払わず逃げる 容疑の暴力団員逮捕 埼玉・行田(産経新聞)
白川郷の合掌家屋、初の耐震調査へ(読売新聞)
阪急事故で男性はねられ死亡(産経新聞)
民主党大会が開幕へ=事件から一夜、首相あいさつへ(時事通信)
別の客とトラブル、殴られ大学生が死亡 大阪(産経新聞)
[PR]
# by omudxrspqf | 2010-01-21 05:30

詐欺容疑で女を送検=男性連続不審死−埼玉県警(時事通信)

 結婚詐欺をしたとして起訴された無職女(35)の知人男性が相次いで死亡した事件で、埼玉県警は13日、亡くなった大出嘉之さん=当時(41)=から現金四百数十万円をだまし取ったとして詐欺容疑で女を送検した。
 県警によると、女は昨年7月24日、インターネットの結婚紹介サイトで知り合った大出さんに、結婚する意思があるように装い、「専門学校に通うため援助してほしい」とうそをつき、四百数十万円を詐取した疑いが持たれている。 

【関連ニュース】
不審死男性から四百数十万円=詐欺容疑で女を再逮捕
不審死男性への詐欺容疑=女を再逮捕へ
不動産ファンド装い3億円余詐取か=建設会社元社長ら逮捕
詐取総額2000万円以上か=振り込め容疑で2人逮捕
町村会幹部ら4人再逮捕=関係団体から百数十万円詐取

鳩山首相、小沢幹事長の続投「菅副総理と一致」(産経新聞)
「民主議員は不当逮捕にもっと怒りを」達増・岩手知事が検察批判(産経新聞)
センター試験 敵は不況と新型インフル(産経新聞)
逮捕は当然=共産の市田氏(時事通信)
<最高裁>「公平、誠実に職責果たす」…白木判事が抱負(毎日新聞)
[PR]
# by omudxrspqf | 2010-01-20 03:47

家に戻ろうとした母「夫と子供が中に」…青森火災(読売新聞)

 泣き叫ぶ母親の声が、冷え込んだ早朝の住宅街の静寂を破った。

 10日朝、青森市大野の会社員奈良稔之さん(33)方であがった猛火は、幼い子供らを残したまま家をのみ込んだ。年明けの連休、一家を突然襲った悲劇に、親族や周辺の住民は深い悲しみに暮れた。

 「まだ、お父さんと子供が中にいるの」。奈良さんの妻の由貴さん(31)は、煙に気づいて駆けつけた近所の今村勉さん(62)に叫んだ。

 「今入ればあんた死ぬぞ!」。今村さんが、家に戻ろうとする由貴さんの両肩を必死で抑えると、由貴さんはひざを震わせ、その場で崩れ落ちた。家はまもなく炎に包まれ、焼け跡からは稔之さんと長男悠哉君(7)、次男朋哉君(5)とみられる3人の遺体が見つかった。

 家主の佐藤一春さん(65)によると、奈良さん一家4人は昨年10月に引っ越してきた。2人の子供が、両親と楽しそうに雪遊びする姿が目に焼き付いている。「あの幸せそうな家族がこんなことになって、とてもやりきれない」。佐藤さんは嘆いた。

 由貴さんの搬送された病院には親類が悲痛な面持ちで集まった。由貴さんの母親によると、由貴さんは連休中の子供らと親類宅に泊まり、映画を見に行く予定だった。母親は、「子供たちは出掛けるのを楽しみにしていたのに……」と、やっとの声を絞り出し、「孫のために編んだマフラーがもう少しでできあがるところだったのに」と肩を落とした。

 稔之さんは、市内の自動車販売会社の支店に勤務。店長の男性(59)によると、休日には子供たちと出掛け、出勤前には悠哉君を学校に連れて行く家族思いの父親だった。男性は「昨日の夜まで元気だっただけに、信じられない」とやりきれない表情を浮かべた。

<政府税調>専門家委座長に神野直彦・関西学院大教授で調整(毎日新聞)
千葉法相が参政権で「議員立法が適切」(産経新聞)
ネカフェ難民がネットで詐欺(スポーツ報知)
息子名義の口座に現金入金=滋賀県幹部の収賄事件−県警(時事通信)
酔って式会場のガラス割る 新成人の男逮捕 埼玉・秩父(産経新聞)
[PR]
# by omudxrspqf | 2010-01-18 11:33

<掘り出しニュース>ギャンブル場専門のスリ「アブさん」御用 「おれの負け」(毎日新聞)

 ◇「完全に負け」

 【東京】警視庁捜査3課は12日、場外馬券場で客のバッグから現金をスリ取ったとして、新宿区富久町、無職、竹田孝雄容疑者(59)を窃盗容疑で現行犯逮捕したと発表した。同課によると、竹田容疑者の旧姓は鐙谷(あぶみや)で、捜査員が「ギャンのアブさん」の隠語でマークするギャンブル場専門のスリだった。男は捜査員を「だんなさん」と呼び、「今回はだんなさんにきれいな現場を踏まれた。完全におれの負け」と悔しがっているという。

 逮捕容疑は、昨年12月29日午後3時50分ごろ、文京区後楽1の場外馬券場で、台東区の男性会社員(79)が肩にかけていたバッグから現金約6000円入りの財布を盗んだとしている。

 竹田容疑者は同日朝、同課に「おれは足を洗った。今日は大井競馬場に行くが、つけても(スリを)やらないよ」と電話をかけた。同課は陽動作戦の可能性があるとみて、文京区の場外馬券場にも捜査員を配置したところ、客を物色している竹田容疑者を発見。モニターで競馬に集中している男性のバッグのチャックを開け、周囲の様子をうかがった後、財布を盗んだところを捜査員が取り押さえた。

 同課幹部は「チャックを開けた時点で逮捕されたら否認するつもりだったのだろう。竹田容疑者はこの道30年のプロだが、財布を抜き取るまで我慢した捜査員の勝ち」と話している。【山本太一】

和歌山県知事が学長選に「物言い」(産経新聞)
北海道で震度3(時事通信)
川崎と柏で火災 独居80代焼死か(産経新聞)
「政治主導で官僚指示待ち」経産次官が懸念(読売新聞)
鳩山首相おひざ元でボスヒグマが政権運営苦戦(スポーツ報知)
[PR]
# by omudxrspqf | 2010-01-16 03:02

せんとくん、宮崎にあらわる…物産展をPR(読売新聞)

 奈良県の平城遷都1300年祭マスコットキャラクター「せんとくん」の一行が6日、宮崎市役所を訪れ、同市の宮崎山形屋で7日から始まる「姉妹都市橿原と宮崎の物産展」をPRした。

 物産展は12日まで。橿原市側から21社、宮崎市側も23社が出店し、食品や工芸品などを販売する。

 せんとくんと共に訪れた橿原市観光親善大使「さらら姫」の林越栄莉さん(19)は「橿原の魅力を知ってほしい」、中林藍子さん(24)も「たくさんの人に来てもらい、おいしいものを食べてもらえれば」とPRしていた。

いつでも、元気なサラリーマンです。
null
モバイル ホームページ
ライブチャット
無料ホームページ
[PR]
# by omudxrspqf | 2010-01-14 16:24