日本の四季

龍馬「コウカ」期待…国内初、実在人物肖像で硬貨(読売新聞)

 地方自治法施行60周年を記念して財務省が発行している各都道府県にちなんだ記念硬貨で、高知県分のデザインが坂本龍馬像に決まった。

 実在の人物の肖像が硬貨になるのは国内初。県は「土佐・龍馬であい博の盛り上げにも一役買いそう」と喜んでいる。

 1000円銀貨(直径4センチ)と、金銀2色の500円(直径2・6センチ)。いずれも龍馬が右手を懐に入れた写真を基に、上半身や顔を彫り込む。デザインについて県民に意見を募集すると龍馬が1位となり、有識者による委員会も「高知が誇る像がいい」としたことから、採用された。

 1000円硬貨はすべて通信販売で、3月頃から造幣局で申し込みを受け付け、5月頃から発送予定。ケース込み6000円。10万枚を発行予定で、申し込みが多ければ抽選。500円硬貨は7月頃から銀行などで引き換えが始まる。

 記念硬貨は2008、09年度には7道府県にちなんで発行されており、高知は四国では最初となる。1000円硬貨はほとんどの道府県で50万枚以上の希望があり、人気の高い龍馬がデザインされるとあって、県は「100万枚以上の応募があるかも」と予想している。

節約ママの生活術
ウルドゥー語で日本のニュースを読む
クレジットカード現金化 比較
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
クレジットカード現金化 即日
[PR]
# by omudxrspqf | 2010-01-13 20:26

「大変残念」と四天王寺大=死亡の福井さん、昨年卒業(時事通信)

 大阪府羽曳野市の居酒屋発砲事件で死亡したアルバイト従業員福井達也さん(23)が通っていた四天王寺大(同市)の碓井岑夫学長は13日、「前途ある青年が若い生命を失ったことを大変残念に思う。心よりご冥福をお祈りします」とのコメントを発表した。
 同大によると、福井さんは人文社会学部社会学科に在籍し、昨年3月に卒業。在学中は日本拳法部のキャプテンを務めていた。学業にも熱心で、卒業研究のテーマは「モンスターペアレント問題」だったという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕多発する銃犯罪
杉浦容疑者、5丁所持=許可更新時、妻ら「問題なし」
離婚めぐり逆恨みか=犠牲者は計3人に
居酒屋で男が発砲、3人死亡=義母ら撃つ、離婚トラブルか
警官がイノシシ射殺=車にひかれ逃走、2人軽傷

警備員のまたーりぶろぐ
神風特攻隊
クレジットカード現金化
ショッピング枠現金化
競馬情報
[PR]
# by omudxrspqf | 2010-01-13 15:05

助成金 野党側に重点配分 民主方針 国会審議を活性化(産経新聞)

 民主党は6日、国会改革の一環として、政党助成金や立法事務費などを自民党など野党側に重点配分する方針を固めた。野党の活動を支援することで、国会審議を活性化させるのが狙い。小沢一郎幹事長が主導して検討を進め、18日召集予定の通常国会で関係法改正を目指す。ただ、ライバル自民党を利することになるため、民主党内では小沢氏らの真意をいぶかしむ声が出ている。

 与党は「政治家同士の討議を活発にする」ため、官僚の答弁禁止を柱とする国会審議活性化関連法案の通常国会での成立で合意している。だが、小沢氏はこれで十分とは考えておらず、昨年12月25日には「野党が主導権を持つ仕組みに変えたい」と語っている。

 小沢氏周辺によると、民主党が野党のころからの小沢氏の考えだったが、野党時代には民主党主導の法改正は困難だった。民主党が与党になり、今この改革を断行すれば「敵」である自民党に塩を送ることになるが、持論を貫く構えだという。

 周辺は「先の衆院選で民主党が勝ちすぎたため、小沢氏は『健全な二大政党になっていない』と思っている」と指摘する。

 具体的な制度設計はこれからだが、まず立法事務費の見直しを検討する見通し。立法事務費は、立法に関する調査研究のために各会派に対し、議員1人当たり月額65万円で算定して支給されている。衆参合わせて民主系会派に年間約33億円が渡る一方、自民系会派は約16億円にとどまる。

 政党助成金は政党に支給され、所属議員数や得票率に応じて配分される。平成22年の民主党への配分額は約173億円、自民党は約104億円。

 ただ、野党への重点配分は、陳情を民主党幹事長室経由に限るなど自民党つぶしを進めてきたといわれる小沢氏のこれまでの行動と矛盾するようにも見え、民主党内では、「小沢さんの真意がよく分からない」(幹部)と、戸惑いも広がっている。別の幹部からは「自民党に国会改革など別の案件をのませる交換条件ではないか」との見方も出ている。

たかおのブログ
みつよしのブログ
モバイル ホームページ
ショッピング枠現金化
無料携帯ホームページ
[PR]
# by omudxrspqf | 2010-01-13 02:24

前副知事が「旅行に行こう」=幹部ら予算使い慰安か−福岡県町村会の詐欺事件(時事通信)

 福岡県町村会幹部らによる詐欺事件で、逮捕された同会幹部らが会の予算を使い、顧問を務める中島孝之前副知事(67)と一緒に北海道などへ視察旅行に行っていたことが8日、関係者への取材で分かった。幹部らは裏金で前副知事を接待したとされるが、旅行については「慰安旅行だった」「前副知事から行こうと言われた」などと話しているという。
 関係者によると、元同会事務局次長田中剛佑容疑者(70)=詐欺罪で起訴=らと前副知事は、同会が毎年夏に東京で行っている町村長中央研修会の後などに、北海道のほか東北、関東へ視察旅行。費用は同会や事務を兼ねる県市町村振興協会の旅費予算から出ており、北海道には同協会理事を務める県幹部も同行していた。
 田中容疑者は、「顧問料を払ってないのに、相談にのってもらっているので、前副知事の慰労の意味だった」などと説明。「わたしと天野敏哉容疑者(49)=同=に同行してほしいと言っている」などと、町村会の上司に前副知事の意向を伝え、許可を得ていたという。
 視察後の報告書などはなく、当時の上司は「内容について報告は受けていない。報告書を書く義務規定もないはず」と話している。また、同行した県幹部は「地域振興に役立つと考えた」と話している。 

せいじのブログ
自転車通勤
出会いランキング
クレジットカード現金化
ショッピング枠現金化
[PR]
# by omudxrspqf | 2010-01-12 18:51

大田火災 認知症で消し忘れか(産経新聞)

 大田区久が原の住宅で3日に母子ら3人が死亡した火災で4日、亡くなった桜木節子さん(82)が認知症のため、過去に台所のコンロの火を消し忘れ、火事を心配した家族が周囲に悩みを打ち明けていたことが関係者の話で明らかになった。池上署は、台所のコンロ付近の燃え方が強く、桜木さんが台所のコンロの火を消し忘れた可能性もあるとみて、桜木さんの長女(54)の回復を待ち、事情を聴く方針。池上署によると、桜木さんの認知症の程度は軽度。亡くなった次女の裕子さん(48)が、在宅介護を続けていた。

 東京消防庁によると、平成20年に東京23区などの管内で、ガスコンロやガスレンジなどの家庭内の厨房(ちゅうぼう)器具による火災は769件発生。そのうち、消し忘れによる火事は約半数を占める。「認知症の人と家族の会」(京都府)にもコンロの火の消し忘れによる相談が多く寄せられている。

【関連記事】
神奈川・逗子の民家火災で1人死亡 車いすの87歳母か
「新年早々ひどいことに」母娘は前日ディズニーランドに… 大田区の3人死亡火災
「台所から火」9〜82歳の一家4人死傷か 東京・大田の住宅火災
徳島の民家火災で死亡3人の身元判明 次女と次、三男
マンション火災で2人けが 大阪・住吉

ひろしのブログ
かずこのブログ
モバイル ホームページ
クレジットカード現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
[PR]
# by omudxrspqf | 2010-01-12 13:26