日本の四季

鳩山首相、自ら「愚かな首相かも」発言 政府高官も困惑の表情(産経新聞)

 ■普天間問題での窮地あらわ

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題に関し、鳩山由紀夫首相は21日の党首討論で、自らが内外に宣言してきた「5月末の決着」になお意欲を見せた。しかし、首相腹案の「本命」とみられた徳之島案は、地元町長から門前払いを受けた。追い込まれた首相は党首討論で思わず本音を漏らした。「私は愚かな首相かもしれません」−。

 21日朝、首相公邸を出た首相は記者団に、「今日は大変いい天気だ」と晴れ晴れとした様子で語った。続けて、普天間問題を強く意識し、「今、大変厳しい天気かもしれないが、必ず5月末には“五月晴れ”にしないといけない」と決意を示してみせた。

 もっとも、事態は五月晴れどころか土砂降りに近いといえる。14日付の米紙ワシントン・ポストは、普天間問題を解決できない首相について、「哀れでますます愚かな日本の首相」と皮肉った。21日の党首討論では、自民党の谷垣禎一総裁が記事を持ち出し「日本国総理大臣に対する暴言だ」と首相の見解をただした。

 ところが首相は「確かにワシントン・ポストの言うように…」と、酷評記事を自ら追認してしまった。これには、会場の参院第1委員会室に陣取った自民党議員らはあきれ顔で、谷垣氏も「何ですかそれは…」と絶句気味だった。

 平野博文官房長官は記者会見で「首相自身の謙虚さの表れ」と取り繕ったが、政府高官は「あれはちょっとよくないな」と困惑の表情を見せた。

 党首討論で首相は、普天間飛行場の「県外」移設への意欲も重ねて強調した。本命は鹿児島県・徳之島へのヘリ部隊の移設案とされるが、この案は20日、地元の3町長に明確な「NO」を突きつけられた。滝野欣弥官房副長官が町長らに平野官房長官との面会を打診したが拒否された。首相にとって深刻なのは、この動きについて、首相自身は事前に全く相談されていなかったという事実だ。

 わずか50分間ほどの党首討論の時間中、民主党議員席では居眠りしていたり、うつむいてずっと携帯電話をいじったりしている議員の姿も見られた。図らずも首相の求心力の低下を象徴する党首討論となった。

 自民党の石破茂政調会長は21日の記者会見で鳩山政権の現状をこう表現した。

 「官邸崩壊と言っても過言でない」

自民、東京で2人目擁立(産経新聞)
ローマ、モスクワ発便を再開=4日ぶり成田行き−日航(時事通信)
<火山噴火>降灰、日本には届かず 健康への影響限定的か(毎日新聞)
子ども手当、来年度から満額支給=民主研究会の参院選公約素案(時事通信)
解雇訴訟 元露鵬ら「納得いかない」…東京地裁請求棄却(毎日新聞)
[PR]
# by omudxrspqf | 2010-04-24 04:20

<帯広市長選>元投資運用会社役員の米沢氏が初当選 北海道(毎日新聞)

 帯広市長(北海道)元投資運用会社役員の米沢則寿氏(54)が初当選。前市議会議長の上野敏郎氏(63)▽元道職員の猪股寛氏(64)を破る。投票率は57.55%。

 確定得票数は次の通り。

当37516 米沢 則寿=無新<1>[民]

 37378 上野 敏郎=無新[自][公]

  1781 猪股  寛=無新

普天間 徳之島「なかなか厳しいものがある」…北沢防衛相(毎日新聞)
<石塔>「韓国に返して」市民団体が要望(毎日新聞)
鳩山首相、古賀連合会長と今月3度目の会談(産経新聞)
JR西社長 国交相に改善状況報告 報告書漏えい問題で(産経新聞)
「痴漢は絶対に許さない! 」=警視総監らがチラシ配布−東京・新宿駅で出陣式(時事通信)
[PR]
# by omudxrspqf | 2010-04-21 13:52

早稲田など3大学相乗り小型衛星 5月「あかつき」で打ち上げ(産経新聞)

 鹿児島大や早稲田大などの学生らが開発し、5月18日にH2Aロケットで打ち上げられる小型人工衛星3基が15日、宇宙航空研究開発機構(JAXA(ジャクサ))の関西サテライトオフィス(大阪府東大阪市)で公開された。3基は金星探査機「あかつき」を載せた空きスペースに搭載され、地球周回軌道に投入される。

 3基の衛星はいずれも一辺約10センチの立方体で、重さは1〜1.5キロ。鹿児島大の「KSAT」は集中豪雨の予測実現に向け、地上に設置した4基のアンテナと組み合わせて高度千〜2千メートルの水蒸気を観測する。早大の「WASEDA−SAT2」は宇宙空間でのQRコード(二次元バーコード)読み取りを実験する。創価大の衛星は市販部品で作った小型衛星用コンピューターが放射線にさらされる宇宙空間で正常に作動するかを試す。

 あかつきはすでに鹿児島県の種子島宇宙センターに運ばれており、3基も近日中に種子島へ運ばれる。

【関連記事】
「ほどよし」衛星9割安、横浜のベンチャー×東大 研究組合、汎用部品を活用
宇宙ごみでもうけましょう! 露が巨利狙って掃除船開発構想
まいど1号運用終了「新たな星になりました」
北の通信社が日本の衛星打ち上げを非難 「先制攻撃しようとしている」
2030年代に火星目指す オバマ大統領が新宇宙政策
外国人地方参政権問題に一石

強毒インフル発生時の業務継続計画を公表―厚労省(医療介護CBニュース)
三女「父の芝居守る」 井上ひさしさん葬儀(産経新聞)
米軍再編「多少の遅れも」=実務者協議、米に働き掛けへ−平野官房長官(時事通信)
東京消防庁職員を逮捕=酒に酔って駅員暴行容疑−警視庁(時事通信)
普天間問題で協力求める 日米非公式首脳会談で鳩山首相(産経新聞)
[PR]
# by omudxrspqf | 2010-04-17 11:01

参院選みんなの党から出馬せず 北口・明石市長(産経新聞)

 今夏の参院選で、みんなの党(渡辺喜美代表)から兵庫選挙区の公認候補として立候補を要請されていた兵庫県明石市の北口寛人市長(44)は5日、産経新聞の取材に対し、「後援会や支援者から『(来年4月までの)任期を全うしてほしい』という声が強く、今は国政に出るという気持ちにはならなかった」と話し、要請を断ったことを明らかにした。

 北口市長によると、5日午前に同党の山内康一国会対策委員長に対し、電話で立候補しない意志を伝えたという。北口市長は「まずは市の政策課題にしっかり取り組みたい」と話したが、一方で任期満了となる来春以降については「この1年間で、市長選に立候補するのか、国政に出るのか考えたい」と将来の国政挑戦には含みを残した。

【関連記事】
みんなの党、参院選で北口・明石市長に出馬打診
みんなの党、公認候補を30人に上方修正
みんなの党への対抗心をあらわに 共産・志位委員長
投票先で「みんなの党」がついに10%
みんなの党・江田氏「権力闘争に国民は辟易」 新報道2001抄録
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

授業中に居眠り、日本の高校生45%!(読売新聞)
西部ガス狙う?福岡の雑居ビルに銃弾跡(読売新聞)
若林氏辞職「辞職は当然」若林氏辞任で自民・大島幹事長 谷垣氏「きぜんと対応を」(産経新聞)
収納ケース女性遺体 殺人容疑で再逮捕へ 東京地検(産経新聞)
鳩山首相、核サミット参加へ米国に出発(産経新聞)
[PR]
# by omudxrspqf | 2010-04-12 15:58

職場でのがん検診、積極的には「実施していない」が61%(医療介護CBニュース)

 がん検診受診促進企業連携推進事業(がん検診企業アクション)事務局が実施した「がん検診に関する意識調査」の結果によれば、職場で「がん検診を積極的に実施しているか」との質問に対して、「実施していない」とする回答が61.0%に上った。一方、「実施している」は22.3%にとどまり、「分からない」が16.8%だった。「分からない」と回答した人に、その理由を尋ねたところ、「情報が入ってこない」「案内が無い」「検診項目にがん検診とは記載されていない」などが多く見られたという。

 がん検診企業アクションは、厚生労働省の委託を受けて電通が企業や団体と共に、がん検診受診率50%を目指すプロジェクト。

 調査は3月4、5の両日、20-40歳代の会社員400人を対象にインターネット上で実施した。

 調査結果によれば、「定期的にがん検診を受けるべきだと思うか」との質問では、「思う」が93.7%、「思わない」が6.3%だった。
 また、「がん検診を意識して受けたことがあるか」では、「定期的に受けている」が12.8%、「受けたことがある」が18.8%、「受けたいと思っているが、受けたことがない」が58.2%、「受けたいと思っておらず、受けたことがない」が10.3%だった。

 がん検診を「定期的に受けている」「受けたことがある」と回答した人に、検診を受けようと思った理由を尋ねたところ(複数回答)、最も多かったのは「職場の健康診断の項目にあったから」で56.3%だった。以下は「市区町村から受診の連絡があったから」(29.4%)、「健康状態に不安があったから」(24.6%)などと続いた。

 一方、がん検診を「受けたいと思っているが、受けたことがない」「受けたいと思っておらず、受けたことがない」と回答した人に、受けない理由を質問したところ(複数回答)、「検診にお金がかかるから」が44.9%で最も多かった。次いで「今のところ特に体に異常が見られないから」(43.8%)、「がん検診を受けるタイミングが分からないから」(43.1%)、「検診へ行く時間がないから」(35.0%)、「がん検診をどこで受診できるのかを知らないから」(31.8%)などの順だった。


【関連記事】
「がん早期発見に優先的に取り組む」−全国大会で長妻厚労相
乳がん啓発へ医療現場があの手この手
がん予防検診「非常に高い優先順位」―民主・仙谷氏
「がん検診50%推進本部」を設置―厚労省
がん検診受診率向上、カギは対象者の把握

首相動静(4月3日)(時事通信)
学生の「代返」と違う…若林氏行為に仙谷氏(読売新聞)
<ジュニア本因坊>神奈川の石原君が優勝(毎日新聞)
<島根原発>123カ所で点検漏れ 1号機の運転停止(毎日新聞)
シー・シェパード元船長、5つの罪で起訴(読売新聞)
[PR]
# by omudxrspqf | 2010-04-07 09:40